post

18バスライズのインプレ(その1)これはベイトリール入門機の決定版か?

2018年の発売以来、ベイトリール初心者の方から
魔改造大好きな変態さんまで、大人気のシマノ
18バスライズ。かれこれ半年以上は使ったので、
私なりのインプレをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
さて、いつものように外観チェックから。

ボディはカシータスがベースですが、
マットブラック好きな私からすれば
見た目は18バスライズの方が好み。
ちなみに、カシータスと並べてみると…


まぁ、どっちも良いという事でw
いずれにせよ、カシータスをベースに
した事で、先代のバスライズと比べ
質感は確実にアップしています。

もはや5000円クラスのリールとは思えませんな。


キャスコンのツマミは、さすがにアルミではなく
樹脂です…しかし、安っぽくならないように
結構凝ったデザインにはなっていますね。

ちなみに、当然の如く…

はい、カシータスのがそのまま装着できます。
なんか、赤スプールと相まって結構いいぞw

なお、ハンドルノブにベアリングが入れられる仕様に。
ここも個人的には嬉しい点です。

さて、18バスライズのスプール重量ですが…

実測で12.8g。さすが遠心ブレーキと違い
スプールにブレーキユニットが付いてない分、
軽いですね。マグブレーキのスプールとしても
このクラスとしては十分軽い部類に入ると思います。

サイドプレートの開け方はカシータスと全く同じ。
サイドプレートを外す時に、たまにスプールが
一緒に引っ付いて外れる事がある所も全く同じw

スコーピオン70はプレートだけスコンと綺麗に
外せるのに…

さて、ブレーキダイヤルです。画像の数字上は
10段階っぽい表示ですが、実際は数字間の
ギザギザの分だけノッチがあります。

スポンサーリンク

1から10までのノッチ数は28。これは結構細かく
ブレーキ調整が出来ると、最初は思いました…が、
結論から言ってしまうと、5以下はブレーキ力が弱く
サミングが必須となります。着水時以外に
サミング無しで投げるなら、基本的にダイヤルは
5以上で使う必要があります。
(その辺の話は後述します)

 

☆実際に使ってみた感じは?☆

18バスライズのラインキャパは、太いラインに対応した
16ポンド100メートル。これにナイロン16ポンドを
75メートルを巻くと…

こんな感じ。ちよっと少な目ですが、この方が
ラインを含めたスプールの総重量は軽くなる為、
ブレーキが良く効き、結果バックラッシュの
トラブルを減らしやすくなるので、ベイトリール
初心者の方はこの位の糸巻き量から慣れていくのが
良いでしょう。

また、このリールに限ったことではありませんが、
ラインを巻くにあたって、やらない方がいいコト。
それは…コレ!

スプールにラインを結んだあと、
結びコブを固定するために

テープを貼るのはやめましょう。

テープを貼ると、テープの重量でスプール回転時の
重量バランスが狂い、回転時にバイブレーションが
発生して爆音を発します。

たったこれだけのテープくらいで、そんな影響が
ある訳がない!

そんなふうに考えていた時期が

俺にもありました。

 

という訳で、今回はちゃんと検証してみました。
まずは、テープ無しの状態はコレ。


結びコブはスプールの穴に突っ込んでます。
この状態で投げると、

ブィーン…

フルスイングでの高回転時で、

ヴィイイーン…

てな感じの音で回ります。少しうるさいですが、
まぁ、至って普通の範囲です。

ところが、テープを貼った状態だと、
軽く投げようがフルスイングだろうが…

 

 

ヴぁうアA亜ああ~ん(# ゚Д゚)!!

 

と、リールがバラバラになるんじゃないかと思う程の
見事な爆音を披露してくれますw

ちなみに、こういった症状はメタルフレームの
リールよりも、18バスライズやカシータスの様な
樹脂フレームのリールの方が、より顕著に現れる
感じがします。やはりメタルと樹脂では、
目に見えない精度の差や振動の共振特性やら、
色々と違いがあるんでしょう…

なお、テープをもっと短くして貼ってみたところ、
少し静かになりましたが、やはりテープ無しよりは
うるさいです。どうしてもテープを貼りたければ

このように、テープを一周ぐるっと巻いて
テープ同士の重なり部分を極力短くしてやれば、
テープ無しと殆ど変わらない位に静かになります。

結論として、これに関しての検証結果としては

  1. テープ程度の重量でも、回転に影響する。
  2. 結びコブ部分の重量程度なら、特に影響なし。
  3. 爆音仕様こそ漢!ならば黙ってテープ貼れ。

と、いうことになります。(※3に関しては自己責任で。)

18バスライズのスプール重量でこの状態なので、
もっと軽いベイトフィネスのスプールならば
さらに影響は大きくなるでしょう。

以前は私もテープを貼っており、正直あまり
何も感じる事もなく漠然と使っていましたが、
回転に影響があると分かった以上、実用上の
問題も無いんで、今はもう貼ってません。
(ただ、取説にはテープ貼れと書いてあるんよね…)

今回の検証が少しでも参考になれば幸いです。

さて、話を戻し実釣インプレを。
リールの性能に関してですが、
これはもう、至って普通です。
要するに、特に使いづらい所も無く、
飛びぬけてココが凄い!というのも無く、
フツーに使えます。

ただ、重要なのはこの「フツーに使える」と
いう所。改めて言うと、このリールは
実売5000円程度です。

Amazon:18バスライズ(糸付きモデルもあり)

楽天市場:18バスライズいろいろ

普通、5000円クラスのベイトリールは
今まで色々使ってきた経験上、何かしら
問題点がありました。

・ブレーキが使い物にならん(弱すぎ)

・クラッチの剛性低い(頼りない作動感)

・ハンドル周りやボディのガタつき(色々精度が甘い)

・レベルワインドが動かなくなった(パーツ破損)

・ベアリングのシールドが潰れてた(不良品)

・誤ってガッツリ踏んづけたら、壊れた(やむをえん)

とまぁ、使ってて何かしらのストレスが
常に付きまとっていたもんですが、
18バスライズには、ほとんどそれを感じず
フツーに使えるのです。
やはり、ベースがカシータスだけあって、
素性の確かさと安心感はありますね。

また、18バスライズはソルト対応なので、
ソルトでベイト使ってみたいという方にも
「ちよっとお試しの1台」として最適でしょう。

ただ、前述の通りブレーキが5以下でほとんど
使えないのが、少々マイナス点ではあります。
ですが、ブレーキMAXの状態ではかなり
強く効くので、これからベイトリールを
使ってみたいという方も、安心して
使えると思います。先代のバスライズより
スプールが軽くなっている分、軽いルアーも
投げやすくなっており、飛距離も十分なレベル。
十分使えるベイトリールです。

これからベイトリールを始めるにあたって、
最初の1台としてオススメできます。

ちなみに…

上位機種と比べたらどうなのよ?

これについては こちらの記事にて。

 

スポンサーリンク