post

16スコーピオン70の飛距離やブレーキ、その他インプレ。

さて、今回は16スコーピオン70のインプレを。

個人的には非常に気になっていたリールです。

スポンサーリンク

それではさっそく、まずは外観から。

IMG_1033
ほほ~。
IMG_1035
ふむふむ。
IMG_1037
いいねコレ。まずはカラーリング。
従来のワインレッド系から大きく
路線を変えてきました。パッと見は
黒に近いガンメタですが、よく見ると
細かい赤ラメが入っていて、全体の
色合いとしては微妙に赤味がかった
ガンメタという感じ。綺麗な色です。
この手の色はロッドのグリップが
コルクでもEVAでもマッチングは良好です。

ちなみに手持ちのロッドで一番似合ったのが…
IMG_1069
ソディアス!
IMG_1065

専用機かよwww

て思う位の一体感w

IMG_1039
さて、お次はハンドルノブ。最初見た時は正直、

 

ダセェ…

 

と思いましたわ…

ラウンド型のEVAノブを、ワゴンRで
サクッと踏み潰したような形状に
違和感を感じずにはいられなかった…

ただ、実際使ってみるとあら不思議。
意外とつまみ易く、いい感じ。
ハンドルを回しても変なストレスは
感じません。
ただ、ノブ自体は薄型なので、
この辺のフィーリングの好みは
人それぞれでしょう。私自身は
見た目はともかく、使用感は結構
気に入りました。

IMG_00115
ちなみに、ノブのフタの外し方ですが、
画像のように爪楊枝の「先じゃない方」を
突っ込んで、クィッとこねれば…

IMG_00116
あっさり外れます。私のは爪楊枝でも折れずに
いけましたが、フタのはめ込み固さ自体は
もしかしたら個体差があるかもしれません。

さて、スコーピオン70のさりげない
美点として、あまり表に出ていないかも
しれないのが、クラッチレバーの高さ。
IMG_1060
左は比較用の09アルデバラン。
ONの状態では、ほぼ同じ高さですが、
クラッチを切ってみると…
IMG_1059
スコーピオン70の方がストロークを
長く取っているので角度が深く、
低い位置に来ます。

IMG_1056
横から見てみると、よりハッキリと違いが
分かりますね。09アルデバランは良い
リールですが、このショートぎみな
ストロークによるクラッチレバーの
高さと角度は、キャスト時に時々
気になっていました。
が、今回のスコーピオン70は
この辺りがかなり改善されており、
キャスト時のロッドのホールド性も
向上。より快適にキャストが行えます。

スポンサーリンク

IMG_1036
さて、今回最も気になっていた点が、新型の
SVSインフィニティです。まずは調整ダイヤル。
いい位置に来てます。パーミング時に不意に
手や指が当たらない位置です。ただ、
最初のうちはダイヤルが固くて回しにくい…
しばらく回しているうちに馴染んで少しは
軽くなってきますが、ダイヤルの回転軸に
オイル1滴たらせば、さらに軽くはなります。
IMG_1042
ちなみに、こちら側から注油します。
それにしても…ベアリングにグリス
ベッタリやな…

IMG_1040
サイドプレートのロック・解除は
ターンレバー方式になっています。
個人的には従来のスライド方式よりも
こちらの方が使いやすいと思いますね。

IMG_1048
ブレーキユニット。従来のインフィニティと
比べると、見た目はかなりシンプル。
ブロックのON・OFFも従来型に比べ
操作性は向上しています。

続いて、このリールのラインキャパは
12ポンド→100m
14ポンド→90m
ですが、これはスプール外径一杯まで
巻いた量で、実用的とは言えません。
「実用的な満タン」は、カタログ表記の
約90%といった所でしょう。試しに
ナイロン14ポンド(線径0.310mm)を
75m巻いてみると…
IMG_1071
ほぼ満タン状態になります。
最近のラインは150m巻き(75m×2)が
多いので、75mキッチリ入れたいのであれば
14ポンド辺りが上限となります。

 

◆使ってみた感想◆

さて、それでは実際に使用してみた感想を。

いつものように、たとえベアリングが
グリスベッタリ仕様だろうが何だろうが、
いっさい手を加えない箱出しの状態で
使ってみました。

まずはブレーキ。従来型インフィニティと
比べて、しっかりと進化しています。

メーカーによると、ブロック4個ONで
あとは外部ダイヤルのみでほぼ全ての
シチュエーションに対応出来ると
ありますが、確かにダイヤル
1~6の範囲でブレーキの効きの
違いはハッキリ感じ取れ、調整幅が
大きくなっています。

ただ、私的には4個ONは全体的に
ブレーキがやや強すぎる感じです。
まずはダイヤル6から投げてみて、
3~1くらいまで弱めてきた辺りで
ソコソコ飛距離が伸び始めたかな…
といった印象。

もちろんルアー飛行中にスプールの
ラインが浮いてくる気配は無く、
4個ONは結構なセーフティーモードと
言えます。なお、硬いロッドで軽い
ルアーを無理矢理投げる様な場合は
4個ONが有効です。

ちなみに、私は2個ONを基準にして
投げるルアーや風等の状況によって
3個ONか1個ONに変えていますが、
基本的には2個ON+外部ダイヤルで
ほとんどの状況に対応出来ますし、
飛距離も十分得られる感じですね。

無風or追い風でバイブレーションを
遠投するような場合は、1個ONです。
遠投性能は思いのほか高く、無風の
状態でリトルマックス1/2オンスを
ゾディアス1610MHでブン投げた場合、
ルアーの姿勢が崩れず真っ直ぐ飛べば
75m巻いたラインはあっさり全部出て
しまいます。ラインは上記のナイロン
14ポンドです。

なお、余談ですがこのリール。
遠投した時のスプール高速回転時の
甲高い音が、何気に官能的でよろしいw

そのくせ近距離キャストの低~中速
回転時は「ヴゥエエ~ん」と、何やら
情けない音に…orz(何でだ?個体差か?)

なので、良い音を聴きたければ…

 

思いっ切り投げましょう(強引)

 

なお、軽いルアーは若干苦手な印象。
とは言っても、5g以上あれば
まぁ普通には投げられますが、
ベイトフィネス用リールの様な
軽快さはありません。
IMG_1043
スプール重量は実測で15.8gと
32mmスプールにしては重い方なので
その辺りの影響もあると思います。

ラインの量を減らして、ロッドも
柔らかいのを使えば、5gくらいの
ルアーでもソコソコはいけるかも
しれませんが、スコーピオン70は
ちょっとそういうキャラではなく、
むしろ10g~30g辺りが気持ち良く
扱えるリールだと思います。

ただ、場合によってはラインが
足らなくなりますがw

もう少しだけ、ラインキャパがあれば…

巻き心地は、まずまず良いという感じ。
コンクエスト系のヌメヌメ感までは
さすがにありませんが、特に不快な
感じも無く、十分にスムーズです。
ボディもコンパクトなので、手の
小さい方もパーミングしやすいでしょう。

 

◆まとめ:「買い」か?◆

 

無論!(即答)

 

ただし、ラインキャパが納得
出来るなら、ですが…

リール自体の性能は、この
価格帯を考えれば文句なし。
全体の質感もなかなか良く、
個人的には特に安っぽさは
感じません。コスパは十分
高いと言えるでしょう。

良く飛んで、ブレーキも
進化した16スコーピオン。
そしてお値段もお手頃価格!
通販ならばアンダー2万円は当たり前。

Amazon:16スコーピオンいろいろ

楽天市場:16スコーピオンいろいろ

こういったリールが、この価格帯で
買える。良い時代になったモンですw

スポンサーリンク