post

バス釣りのリグとはどういう意味?

バス釣りにおける「リグ」は色んな種類がありますが、まず初心者の方にとって、そもそも
「リグとは何ぞや?」となると思いますので、今回はその辺の事をお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

簡単に言うと、リグとは「仕掛け」の事です。

うっ…説明が終わってしまった…(汗)

このままでは少々マズいので少し補足を…

▼どういうのを「リグ」というのか▼

バス釣りにおけるリグは、主に「ワームを使った仕掛け」と言えます。まずは
下の画像をご覧下さい。
IMG_0070
上から「ワーム」、「フック(針)」、「シンカー(オモリ)」の順に並んでいます。
例えば、ワームだけでは釣りは出来ませんし、フックだけでも、シンカーだけでも無理ですね。
そこで、これらのパーツを組み合わせると下の画像となります。
IMG_0072
この状態で初めて「ルアー」として機能します。すなわち、ワームにフックやシンカーを
組合せてルアーの形に仕立てたモノを「仕掛け=リグ」と言います。余談ですが、この
仕掛けを作る事をバス釣りの世界では「リグる」とよく言いますね。

スポンサーリンク

▼色々とある「リグ」の種類▼

リグは組合せの形態により、さまざまな種類が存在します。代表的なモノは以下の通り。
カッコ内は一般的に呼ばれる略称です。ちなみに上の画像は「テキサスリグ」です。

・テキサスリグ(テキサス)
・ジグヘッドリグ(ジグヘッド)
・ノーシンカーリグ(ノーシンカー)
・ダウンショットリグ(ダウンショット、ツネキチ)
・ヘビーダウンショットリグ(ヘビダン)
・スプリットショットリグ(スプリット)
・キャロライナリグ(キャロ)
・ヘビーキャロライナリグ(ヘビキャロ)
・ワッキーリグ(ワッキー)
・ジグヘッドワッキーリグ(ジグヘッドワッキー)
・ネコリグ(ネコ)
・ジカリグ(ジカリグ、ゼロダン)

こんな感じですが…略称と言っても大半は最後の「リグ」だけを外しただけという…

リグは他にもありますが、あまり定着していない or 鳴り物入りで登場はしたものの
市場に受け入れられず、いつの間にかさわやかに散ったモノがほとんどなので、
上記の種類だけ覚えておけばOKでしょう。ちなみに各リグ名で検索すれば、リグった画像は
沢山出てきます。また、リグ名の後ろに「使い方」と付け足して検索すれば、各リグの使い方も
鬼のように出てきます。特に使い方に関しては、実際のルアーの動かし方がわかる動画の方で
探した方がいいでしょう。大体は魚が釣れるシーンもあるので、色々と見ているうちにテンション
MAXになる事は間違いないでしょう(笑)

スポンサーリンク