バス釣り用ラインの選び方。初心者の方に最適なのは?

バス釣りに使われるライン(糸)。
釣具店に行くと色んな種類のラインが
ズラ~っと…
初めて見た時、「なんじゃこりゃ」となるのは
間違いないでしょう。ここでは、入門編として
初心者の方が最初に使うラインについて
お話ししたいと思います。

スポンサーリンク

さて、まずはラインの種類から。一般的には
大きく分けて以下の3種類があります。

・ナイロンライン
・フロロカーボンライン
・PEライン

それぞれにメリット、デメリットがあります。
とっても簡単に書くと…

・ナイロンライン
・しなやかで扱いやすい
・価格が安い
・伸びがやや大きい
・感度は普通
・水を吸うので
劣化速度がフロロより早い

・フロロカーボンライン
(ナイロンと比べ)
・比重が高く、硬くて
巻きグセがつきやすい
・取り扱いにやや神経を使う。
・価格が高い
・伸びが少ない
・感度良し。
・吸水率ほぼ0で耐久性も優れる。
・根ズレ(水中の障害物や岩などに
ラインが擦れる事)にも強い。

・PEライン
(ナイロン、フロロと比べ)
・比重が軽く、巻きグセもないので
飛距離抜群。
・同じ号数ならば引っ張り強度は最強。
・価格は基本的にクソ高い
・伸びがほぼゼロなので、感度は神
・比重の軽さゆえ、風に弱く、
ロッドのガイドに絡むなどの
トラブルも起こりやすい。
・ライン自体の耐久性は非常に
高いものの、根ズレと急激な
ショックに非常に弱いため、
ルアーは直結せず、フロロカーボンの
「ショックリーダー」を結んで、
リーダーをルアーに結ぶのが一般的。
要するに使い慣れるまでは
激しくめんどくさい(笑)

細かい事を言えばもっとあるのですが、
大体こんな感じですね…

基本的にバス釣りに多く使われるのは
ナイロンとフロロです。PEに関しては
ソルトウォーターの釣りではごく一般的に
使われますが、バス釣りに関しては
用途が限られる為、あまり多くは
使われていない感じですね。
(まぁ、昔に比べたら増えましたが…)

なので、以降はナイロンとフロロで
話を続けていきたいと思います。

▼バス釣り用のライン。ポンド、号とは?▼

簡単に言うと号は「太さ」、
ポンド(Lb)は「強度」を示すものです。
バス釣りを含むルアーフィッシングは
ポンドが使われる事がほとんどです。

ちなみに大体ですが、ナイロン・フロロの場合、
「1号≒4ポンド」と覚えておけば良いでしょう。

0.8号≒3ポンド
1.5号≒6ポンド
3号≒12ポンド
3.5号≒14ポンド
5号≒20ポンド

あくまで目安ですが、一般的には
こんな感じで認識されています。

ロッド本体には、そのロッドのパワーに
応じて適合するポンド数が必ず書かれています。

スポンサーリンク

例えば「10~16Lb Line」とか書かれていた
場合は、その範囲内のポンド数のラインを
使うのが基本です。範囲下限より極端に細い
ラインを使うと、ロッドパワーに負けて
ラインが切れますし、範囲上限を大きく超える
ポンド数のラインを使うと、ラインの
限界が来る前にロッドのパワーが
負けてしまい、最悪ロッドが折れる
場合があります。

▼バス釣り初心者の方にオススメのラインは?▼

結論を言うと、ズバリ
「ナイロンライン」です。
デメリットも勿論ありますが、
やはり扱い易さと価格が安いのは
大きなメリットです。

ワームやラバージグといった、
いわゆる「底を釣る釣り」は
フロロラインが有利ですが、
ナイロンでもとりあえずは
出来ますので、まずはトラブルの
要素を極力減らし、釣りに慣れるのが
いいと思います。その後でフロロを
導入しても遅くはありません。

ベイト、スピニング共にナイロンを
使う場合、どの位のポンド数を使うかは
ロッド次第なので一概には言えませんが、
こちらの記事でお話しした
バーサタイルロッドなら、

ベイトで10~14Lb、
スピニングで4~8Lb

といったところですね。
なお、前述した通りナイロンは
フロロに比べて劣化するのが
早い為、特にスピニングで使う
細いラインは、ベイトに比べ
巻き替えの頻度は増える事に
なります。

ナイロンラインの価格も
さまざまですが、あまりにも
安すぎるラインはオススメ
できません。
基準としては150m巻きで店頭価格
1000~1500円位のを目安すると
いいでしょう。

メーカーによっては店のセール時に
半額とかになるモノもあるので
その時に固め買いするのも手ですね。

ただ、古びたパッケージで
「一体、何年店頭にブラ下がっていたのか?」
と思う様な「在庫処分380円!」とか
「もってけドロボウ特価250円!!」とかで
売ってるラインは微量とはいえ店内の
蛍光灯に含まれる紫外線を長期間に渡って
浴び続け、劣化が進んでいる可能性が
あるので、手を出さない方が無難です。

もっとも、ラインは消耗品なので、
いくら高いラインでも水を吸ったり
太陽の紫外線を浴びたりで劣化は進みます。
ライン交換のサイクルは使用状況で大きく
変わるので、一概に一か月に一回とか、
釣行3回で交換とかは言えません。
ちなみに私の場合は、ライン表面のツヤが
落ちてきて、手触りもカサついて来ると
交換しています。本当はそうなる前に
交換しておけば、より確実ですが…

ラインに関しては、お店ではなるべく
ベテランの店員さんに聞くのがオススメです。
長年釣りをやっている人は、大抵は色んな
メーカーのラインに手を出して「人柱」を
やってくれている場合が多いので、
各メーカーの特性を把握している可能性が高く、
聞いてみて損はないと思います。
あとはネット上のインプレサイトなども
実際に使った人のレビューは参考になりますね。

あとは実際に使っていくうちに
そのラインの特性や交換のタイミングは
少しづつ分かっていきます。
こればっかりは実際に体験しないと
身に付きにくいので…

スポンサーリンク