post

バス釣りのベイトリール入門。初心者におすすめなのは?

ここでは、バス釣り用ベイトリールの「最初の1台」について
お話ししたいと思います。
IMG_0026
今回は、私の見解含有率が結構高いので、あくまで参考程度に(笑)

スポンサーリンク

さて、バス用ベイトリールと言っても、
各メーカーから多数出ており、
「さぁ、ベイトリール買うぞ!」と
意気揚々にお店に行ったとしても、
店頭にズラッと並ぶリール群を見たとたん、
「・・・え~っと・・・・・」
ってなるでしょう。

まず、ベイトリールはバス用だけでなく、
海釣り用も存在します。
ただ、ベイトリールは大体カテゴリー別に
陳列されています(「ココがバス用」とかは
あまり書いてない場合が多い)ので、
どれがバス用なのか分からない場合は
店員さんに聞いてみましょう。

▼ベイトリールの「ブレーキ」 遠心とマグネット▼

まず、ベイトリールはライン(糸)を巻いている
「スプール」が回転してラインを放出します。
キャストする(投げる)と、ルアーは最初は
勢いよく飛んでも、空気抵抗で必ず失速し
飛行速度は落ちます。
しかし、最初に勢いよく回されたスプールは
慣性力によってまだまだヤル気満々で
ブンブン回っています。

やがて「ラインを引っ張っているルアー」が
着水し、引っ張る力が失われても…
スプールは健気にまだ回ってラインを
必死こいて出しまくる…

やがて行き場の無くなったラインは、
リールの中でぐっちゃぐちゃ…(悲)

これが恐怖の「バックラッシュ」です。ただ、
バックラッシュはルアーが飛行中にも起こります。
むしろこっちが一般的なバックラッシュ現象です。

要するに、ルアーの失速等により

「スプールがラインを送り出す速度(量)」
が、
「ルアーがライン引っ張り出す速度(量)」
を、超えた時、

バックラッシュは発生します。

そこで、このバックラッシュを抑える
お助け機能として、ベイトリールには
ブレーキが搭載されています。
種類としては

「遠心ブレーキ」
「マグネットブレーキ」

スポンサーリンク

この2つに大別されます。
各構造、原理に関しては長くなるので割愛します。
興味のある方は「ベイトリール ブレーキ 種類」
などで検索してみて下さい。山盛り出てきます(笑)

さて、ラインが出る速度(量)に対して
スプールの回転にブレーキをかけて
バックラッシュを防ぐ訳ですが、最初の1台は
「マグネットブレーキ」搭載の
リールをオススメします。
理由としては、遠心に比べブレーキの効き方に
安定感があるとか色々とありますが、
一番の理由は…

ブレーキ調整が楽!(爆)

まずはこれをご覧ください。
IMG_0031
目盛り付きの赤いダイヤルがついてますね。

これをカチカチ回すだけですので、即座に
ブレーキ力の変更が可能です(笑)

遠心は基本的にはリールのサイドをパカッと開けて、
内部の遠心ブロックを動かして設定します。
最近は外部のダイヤルで調整するモデルも多く
出てきましたが、基本設定時にはサイドを開ける
必要があります。

なお、個人的な見解では遠心の方が、よりシビアな
ブレーキセッティングが出来ると考えていますが、
最初の1台ならマグネットブレーキのリールの方が
扱いやすいでしょう。

あと、ベイトリールには必ず「メカニカルブレーキ」が
ついています。遠心、マグがスプールの回転を利用して
ブレーキ力を発生させるのに対し、メカニカルブレーキは
スプールの軸を直に押さえ込んで回転を抑える機構です。

1枚目の画像で言えばハンドルの内側にある、赤いラインが
入った丸いノブがそれです。ちなみにきつく締めると
スプールは回らなくなり、構造上ハンドルを回すのも
重くなります。ただ、基本的にはメカニカルを強く
締め込む事はありません。
むしろきつく締めるとネジ山潰すなど、破損や
トラブルの元になるので注意が必要です。

現代のリールにおいてのメカニカルブレーキは、
スプールがガタつかない様に保持するのと、
プラスアルファのブレーキ微調整に使います。

さて次の記事は、「最初の1台」どの価格帯を買えばいいのか?続きはこちらの記事にて。

スポンサーリンク